渡部ホーム株式会社の口コミや評判

公開日:2022/06/15

渡部ホーム株式会社
住所:〒153-0065 東京都目黒区中町2-38-4 目黒ハウス2F
TEL:03-5773-0368
営業時間:8:00~19:00
定休日:第二・第四土曜、日曜、祝日

建売住宅は、あらかじめ間取りやデザインが決まっている一戸建てのことを指します。注文住宅よりもコストが抑えられることから、建売住宅の購入を検討している方も多いでしょう。しかし建売住宅も、住宅メーカーによって大きく異なります。この記事では、建売住宅の購入におすすめの住宅メーカー渡部ホーム株式会社についてご紹介します。

百年設計で長く住み続けられる

渡部ホームは、共同住宅、注文住宅、分譲住宅、店舗設計施工、リフォームを手掛ける住宅メーカーです。その中でも注文住宅や分譲住宅では、 お子さんやお孫さまの世代まで住み継いでいける、百年設計の家づくりを目指しています。

ただし、百年もの時間の間、住む人の暮らしは当然変化します。そこで渡部ホームでは、家の快適さを維持しながらも、住む人の暮らしに対応していけるような家づくりを実現しているのです。

安心の保証

家に長く住み続けるためには、保証も充実していないと安心できません。そこで渡部ホームでは、独自の無償点検を実施しています。点検時期は引渡しから3か月、1年、3年で、何か不具合が生じている、あるいはもうすぐ不具合が起きそうというときに、早めに対応をすることで、大切な住まいの価値を維持し続けていきます。

リフォームにも対応

渡部ホームは、リフォーム事業も行っているようです。注文住宅や分譲住宅建築で培ったノウハウを最大限に活かし、お客さんの希望やイメージしているこれからの暮らしを参考に、最適なリフォームプランを提案してくれるのです。

木造からコンクリート住宅まで幅広く対応可能

渡部ホームでは、従来の木造建築の家からコンクリートの家まで、幅広い建築工法に対応可能です。また最新の工法として、地震に強いSE構法やTHK免震システム住宅の提案もしています。それぞれどのような工法なのかをきちんと理解し、どの工法の家が自分たちに合っているのかを確認しておきましょう。

木造在来工法

木造在来工法とは、別名“木造軸組工法”とも呼ばれ、日本で古くから使われてきた工法です。柱と梁が建物を支えていて、現在日本に建っている戸建て住宅のほとんどが、木造在来工法で建てられています。

そんな木造在来工法は、柱と梁が基本構造であることから、比較的自由に間取りを実現できます。また、木造在来工法なら、1つの部屋を2つに分けたり逆に2つの部屋を1つの部屋にしたりするなど、間取りの変更ができるのも大きな特徴です。

最近よく見られるのが、大きな子ども部屋を将来は2つに分割して1人ずつの部屋にするという間取りです。これも、木造在来工法が活かされた間取りといえるでしょう。

RC造

RC造は、鉄筋コンクリート造のことで、柱、梁、床、壁が鉄筋とコンクリートで構成されています。RC造は、最初に鉄筋で型枠を組み、そこにコンクリートを流し込んで固めていきます。木造に比べて、遮音性や耐震性、耐火性に優れているのが特徴です。ただし、地盤改良や部材の価格が高いこと、さらに工期が長いことで、木造在来工法に比べてコストが高くなるというデメリットがあります。

混構造

混構造とは、鉄やコンクリート、木材などの異なる資材が混ざった構造のことを指します。渡部ホームでは、木造とRC造を混合させた混構造を用いているようです。

SE構法

SE構法は、強度が高い構造用集成材を柱や梁に使用し、専用のSE金物で剛接合したラーメン構造のことを指します。高い耐震性でありながら、家に大空間を取り入れられるのが特徴です。

THK免震システム住宅

THK免震システムは、建物と基礎の間に免震装置を設置して地盤と切り離し、地震の揺れを直接移住部分に伝えない構造のことです。耐震だけではなく、そもそも建物が感じる地震の揺れを最小限に抑えることで、本当の地震に強い家を実現できます。

コスパよし!快適設計のエコな家

渡部ホームで建てる家は、コストパフォーマンスがよいのも特徴です。コストパフォーマンスがよい理由として挙げられるのが、設計から施工まですべての工程を一貫で行っていることです。すべてを一貫で請け負うことで中間マージンをカットすることができ、高いクオリティでありながら他社よりもリーズナブルな価格で家を購入できます。

また、環境問題が重視される現在、渡部ホームでは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを活用したエコ住宅にも対応しています。快適でありながら環境にも配慮したエコな家によって、その家で暮らすだけで地球環境問題に貢献できるのです。地球環境問題に貢献することは、この先訪れる家族にとっての未来にもつながるでしょう。

 

渡部ホームについてご紹介しました。渡部ホームは、一生に一度の家づくりだからこそ、快適に長く、百年暮らせる家にこだわりを持っています。そして日々変化していく暮らしに柔軟に対応しながら、お子さんやお孫さんの代まで住み継げるような家が建てられます。また、暮らしにあわせてさまざまな工法に対応できる高い技術力も、渡部ホームの大きな強みです。これから東京で建売住宅の購入を考えている方は、渡部ホームに相談してみてはいかがでしょうか。

【東京】おすすめの住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名MODEL CODE(プロムスタイル)プラウドシーズン(野村不動産)リーフィア(小田急不動産)スウェーデンハウス MORIMOTO 
特徴「丁度いい家に出会える」経済・デザイン・機能のバランスが取れた提案街全体を考えたデザインで、時代を経ても資産価値の高い家を提案してくれる家づくりは街づくり。家だけでなく周辺環境の整備やコミュニティの創造もブランドコンセプトは、北欧式の「世代を越えて住み継ぐ家づくり」目標はエリアNo.1クオリティ。総合不動産グループのメリットを最大活用
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧